次 十 東海道 五 三 次 十 東海道 五 三

⚠ また本街道の箱根 はこね と新居 あらい (今切 いまぎれ )と、本坂通の気賀には関所があって、往来人や携帯品を改めた。

次 十 東海道 五 三 次 十 東海道 五 三

👈 宿の任務は人馬の継立や旅行者の休泊に応ずることにあり、人馬は初め馬36匹の提供を義務づけられていたが、寛永 かんえい 期(1624~44)には本街道では100人、100匹とされた。

20
次 十 東海道 五 三 次 十 東海道 五 三

🙄 右方向に行く二人は、饅頭笠に桐油合羽を羽織った空脛の人物は小田原提灯を下げて元気に歩み、背を丸め紺の野良着に蓑笠を着けた年配者を先導するようである。 一人坂道を左方へ下る人物は、唐傘をすぼめて風を防ぎ、手は袖に隠し、長めの杖を抱えるようにして、高歯を履いて小腰を屈めて歩を運ぶ姿から、寂しげな按摩の笛まで聞こえて来そうである。

17
次 十 東海道 五 三 次 十 東海道 五 三

🖕 getDefaultComputedStyle e[0]? その向こうに蹲踞する男たちは、大名行列が通り過ぎたからであろう、もう頭は下げていない。

6
次 十 東海道 五 三 次 十 東海道 五 三

✍ 《日本書紀》崇峻紀にみえる東海道は後の追記とみられるが,672年 天武1 の乱の記事に東海軍とあり,また685年に東海使者として都努牛養派遣の記事がみえるので,その成立を天武朝末年に求めることができよう。

次 十 東海道 五 三 次 十 東海道 五 三

👣 「五拾三次」を代表とする広重は、自然の微妙な変化をとらえる風景版画の他にも、花鳥版画や肉筆画などにすぐれた詩情や季節感を見事に表現した作品を残しています。 年少で両親を亡くすと家督を相続し火消同人職につきます。 広重の偉大な点は、単なる名所絵や道中絵の枠内に踏みとどまらず、画面に風や雨などの自然現象や季節感、四季の風物や行事、人々の生き生きとした仕種や表情、ドラマチックともいえる躍動感のある描写に挑み、傑出した才能を発揮している点です。

19