ご ざいました 指導 ありがとう ご ご ざいました 指導 ありがとう ご

💢 短い間でしたが本当にお世話になり、ありがとうございます。

11
ご ざいました 指導 ありがとう ご ご ざいました 指導 ありがとう ご

♻ 息子(娘)が今日無事に卒業式を迎えられたのも暖かく、見守ってくださった先生方のお陰です。 「ご指導ご鞭撻」の読み方は「ごしどうごべんたつ」 「ご指導ご鞭撻」の読み方は「ごしどうごべんたつ」です。

ご ざいました 指導 ありがとう ご ご ざいました 指導 ありがとう ご

⚡ ・誰にでも使える賀詞 「あけましておめでとうございます」「謹んで新年をお祝いします」「新年おめでとうございます」「謹んで初春のお慶びを申し上げます」「謹んで新春のご祝詞を申し上げます」など。 行事ごとに少しずつ成長していく姿が見れて良かったです! おかげさまで、たくさんの賞をいただき、本人の自信にもなりました。 ・・・てよい 連絡してよい。

14
ご ざいました 指導 ありがとう ご ご ざいました 指導 ありがとう ご

🤛 先生方のご指導に感謝の気持ちでいっぱいです。 」と述べれば,「先生」が別の人物(例えば「先生の恩師」)の指導を受けたことになってしまう。

1
ご ざいました 指導 ありがとう ご ご ざいました 指導 ありがとう ご

✊ 道を指し示し導く「指導」に対し、「鞭撻」は鞭を打つという意味合いの言葉です。

ご ざいました 指導 ありがとう ご ご ざいました 指導 ありがとう ご

💅 私は先生に教えてもらったことが一番の思い出です。 年賀状で「ご指導いただき」を使用するには年初めからかたい表現ではないかと思う人もいますが、実際に敬語で自分の気持ちをしっかりと伝えることができます。

ご ざいました 指導 ありがとう ご ご ざいました 指導 ありがとう ご

💓 その場合、「教えて頂けないでしょうか」と素直に言っても構いません。 「ご指導ご鞭撻」は取引先へは使わない方が良い 「ご指導ご鞭撻」は目上の人へ使える丁寧な言葉ではありますが、取引先の担当者など社外の人へは使わない方がいいと言えます。 社外に対してなので「ご指導いただきました」の敬語表現は正しいでしょう。

11