ストーム テイク バイ ストーム テイク バイ

⚛ は、スティッフェリオの従弟。 こういったところにも、今年の馬体評価の難しさが表れています。 なにはともあれ、画像の撮影日時をしっかり確認してくださいね。

15
ストーム テイク バイ ストーム テイク バイ

☭ しかし、今年のPOG本は、どれもこれもモーリス産駒&ドゥラメンテ産駒のオンパレードで、初年度産駒がPOG期間内に重賞勝ち馬6頭(重賞勝利数は7勝)という驚異的な成績をあげたキズナの産駒は、馬体画像の枚数に関する限り、昨年よりも減少してしまいました。 牡 2013 鹿毛• 素材にはドライテックという素材が採用されており、これはホンダと同じ3レイヤー構造の生地でモンベルが独自に開発した生地です。

13
ストーム テイク バイ ストーム テイク バイ

🤫 Moon of Alabama [英] 牝 1997 鹿毛• は、すでに入厩済みで、かなり速い時計も出ています。 なんといっても、コントレイルを取りあげることが出来なかったのかということに尽きるわけですが、皆様も矢作師のインタビューなどで御存じのとおり、1歳の暮れから2歳の5月まで、半年間も騎乗調教が出来ない状態が続き、馬体画像にも運動不足がそのまま表れていて、2冠達成のこの時点で振り返ってみても、ピックアップは無理だったというしかありません。

20
ストーム テイク バイ ストーム テイク バイ

🙃 もちろん、マルターズディオサのように、あまり大きくない重賞勝ち馬もいますが、ここは割り切ってチョイスしていきましょう。

ストーム テイク バイ ストーム テイク バイ

🖐 生産者: 有 社台コーポレーション白老ファーム• セ 2006 鹿毛 3勝、地方7勝• しかし、ダイワメジャーのように手術を克服して大成するケースもあるわけですから、一縷の望みをかけて、大穴コーナーのほうで取りあげることとしました。

18
ストーム テイク バイ ストーム テイク バイ

🙄 判断保留でリストから外すことも考えたのですが、せっかく15頭も選べるのですから、最後の1枠をこの馬に使うことにしました。 引き続き、牝馬のほうもコメントを付けていきましょう。

19