計画 糖尿病 看護 計画 糖尿病 看護

⚒ 10分経過しても症状が治まらない時は再度血糖値を測定する。 入院初期は、鎮痛コントロールが最優先されるかもしれません。 ただし浣腸は、激しい悪心・嘔吐、腹痛がみられる際、また腸管の穿孔や出血がある際は禁忌なので注意。

計画 糖尿病 看護 計画 糖尿病 看護

🤣 (覚え方は「しめじ」 し:神経の障害、め:目の障害網膜症、じ:腎臓) 合併症の予防と早期発見ができるよう知識を持ってもらう必要がある。 そのため、入院中の看護問題としては「糖尿病管理に関連した血糖不安定リスク状態」と挙げることができます。 シックデイ対策について説明する。

計画 糖尿病 看護 計画 糖尿病 看護

🙌 血糖値・HbA1cの基準値は以下のとおりです。 食前と食後2時間の血糖値• 日本糖尿病教育看護学会は、糖尿病教育・看護の専門家として実践に応用できる研究を推進しています。 ただし、開腹術後の患者や腸の炎症・閉塞を起こしている患者には禁忌なので注意。

12
計画 糖尿病 看護 計画 糖尿病 看護

⚓ TP ケア計画• 2)運動療法 運動によって、インスリンの働きが活発になり働きが良くなります。 ・標準体重を維持する。

3
計画 糖尿病 看護 計画 糖尿病 看護

⌚ 尿蛋白定量• 患者さんが効果的に自己管理をし、また継続していくことができるようにするためには、看護師の関わりが大きく影響します。 腎障害により浮腫を起こしやすく、全身の栄養状態も低下しやすいため、創の治癒が遅延する• 3、低血糖のリスクがある患者の看護観察ポイント 低血糖を起こしたら、すぐに発見して適切な対処ができるように、低血糖のリスクがある患者に対して、看護師は日常的に観察を行っておく必要があります。

14
計画 糖尿病 看護 計画 糖尿病 看護

📞 糖尿病のある生活での自身の心理的・身体的安楽を表出できる• 硬膜外カテーテル挿入時は創部感染に注意 糖尿病の患者さんは易感染であるため、 硬膜外カテーテルからの感染に注意する必要があります。

1
計画 糖尿病 看護 計画 糖尿病 看護

💖 ・意識障害がある場合は無理に糖分摂取を行うよりも、医師の指示に従う。

20