摘芯 キュウリ 摘芯 キュウリ

🤫 キュウリの生育は栄養生長と生殖生長が併行して行われるが、株の光合成産物の分配を見ると、果実肥大に優先的に分配される傾向が見られる。 キュウリの施設栽培の中で、これまで増収技術や高品質生産、省力化、草勢維持等について検討が行われてきた。

8
摘芯 キュウリ 摘芯 キュウリ

✆ また重なり合ったり、風通しが悪くなっているような大きな葉も切り落として小さな新葉や新芽に光を当てるようにしましょう。 しかし、キュウリは「」が強く、受粉しなくても結実する性質があるため、人工授粉の必要はありません。 ・中節位中心に育てる 家庭菜園など、少ない株数を栽培する場合、どの位置でも作業に問題はありません。

10
摘芯 キュウリ 摘芯 キュウリ

🤑 尻細り果・・・水分不足、単為結果性が低い品種の受粉障害• 子づる:下節位は1節で摘心、中節位は2節で摘心、上節位は1節で摘心 孫づる:1節で摘心して収穫後につるを取り除く、中節位は3節~5節で摘心、 上節位は3節~5節で摘心 ひ孫づる以降:下節位は取り除いているので摘心不要、 中節位と上節位は基本放任で混んでいる場所は取り除く ・半促成栽培 促成栽培よりも遅めに栽培を開始しますが、 露地栽培よりも早めに収獲を開始する作型です。

1
摘芯 キュウリ 摘芯 キュウリ

🐝 ただし、節成り型のように各節に花が咲くわけではなく、 飛び節成り型のようにとびとびに花がつきます。

12
摘芯 キュウリ 摘芯 キュウリ

🤣 収穫が遅れて果実が肥大すると、養分を種に集めるため他の結実が悪くなります。

2
摘芯 キュウリ 摘芯 キュウリ

🖕 当然、子づるを摘心せず垂直方向に誘引すると、誘引した上節位からの子づると、誘引した子づるからの孫づるの発生は弱くなるために、誘引した子づるはつる下げ管理をする以外に着果部位である節数を確保することは難しい。 カットするとなんだかかわいそうな気もしますが、上にどんどん伸びても、実があまりならないし、、子づるを成長させるためです。 芽がでてきたら芽を取りながらきゅうりを育てていきます。

9
摘芯 キュウリ 摘芯 キュウリ

✊ きゅうりの摘葉のポイント 摘心と同時に、摘葉も必ず行うようにします。