っ ス っ て の 忌憚 ない 意見 やつ っ ス っ て の 忌憚 ない 意見 やつ

🤚 店員さんのその言葉に、僕はショックで唖然として立ち尽くしていました。 「忌憚」に敬語はない 「遠慮」は「ご遠慮」など丁寧語を付け加えることで敬語表現にすることが可能ですが、「忌憚」という言葉には敬語表現がありません。

18
っ ス っ て の 忌憚 ない 意見 やつ っ ス っ て の 忌憚 ない 意見 やつ

👉 上記でも触れましたが、「忌憚なく」はあえて「ご」を付けずに使っても問題ないでしょう。 「今日は自社の今後の方針について決定したいと考えています。 「気楽」は主に緊張している場面などで、「気楽に」「どうぞ楽に」と使います。

9
っ ス っ て の 忌憚 ない 意見 やつ っ ス っ て の 忌憚 ない 意見 やつ

👍 「忌憚」の読みは「キタン」 「忌憚」という言葉は読み方が難しく、読みを調べたくてもパソコンや辞書で探しにくいものです。 まとめ 「忌憚」は遠慮や気遣いを遠ざけて、相手と心の距離を縮め、本音で話したいという思いから使われる言葉です。

10
っ ス っ て の 忌憚 ない 意見 やつ っ ス っ て の 忌憚 ない 意見 やつ

🤟 その気持ちを汲んで「忌憚なく」よりも、一歩相手に寄り添った言葉に置き換えて使うことも可能です。

11
っ ス っ て の 忌憚 ない 意見 やつ っ ス っ て の 忌憚 ない 意見 やつ

⌛ 「厳しいご意見も、ご遠慮なく仰ってください」などとすれば「忌憚なく」と同じ意味で、敬語を使って伝えることができます。 開店時間となり、店舗のシャッターが開き、中から出てきた女性店員さんが列を作って待っている僕達に、『本日販売予定のケミストリーのコンサートチケットの店頭販売は都合により中止となりましたので、チケットを購入希望のお客様はお帰り下さい』と言いました。 「忌憚」の意味と読み方 語源は「憚ることを忌み嫌う」 「忌憚」は「忌(いまわしい)」という「嫌って避ける」という言葉と、「憚(たん)」という「気兼ねする」という言葉で構成されています。

10
っ ス っ て の 忌憚 ない 意見 やつ っ ス っ て の 忌憚 ない 意見 やつ

👊 「ご」や「お」を付けて丁寧な表現にすることもありませんし、「忌憚」を変化させて敬語とすることもありません。

20