実 小説 よう 実 小説 よう

☎ 学力的には高度育成高等学校に入学することが疑問視されるほど問題があるが、中学生の時点で高校生レベルのバスケット選手として頭角を現していたことが評価されている。 一之瀬 帆波(いちのせ ほなみ) 声 - 本作のヒロインの1人。 3学期の特別試験である混合合宿にて南雲に勝負を挑まれ、自分以外の人間に手を出させない意図もあって勝負を受ける。

16
実 小説 よう 実 小説 よう

🤘 普段は保健医をしている。

2
実 小説 よう 実 小説 よう

👎 そう、まだ諦める時間ではないのです! クラスメイトの桐山は清隆に「高円寺に似ている」と述べるなど、彼女を嫌悪している。

4
実 小説 よう 実 小説 よう

☢ 波瑠加とテストでの苦手分野が全く同じであり、間違えた部分まで一緒であった。 元Cクラスリーダーとなった龍園と元生徒会長となった学との対話を経て、清隆は櫛田を退学させることを密かに計画する。

6
実 小説 よう 実 小説 よう

✋ 進級直前に行われたクラス内投票では自身の退学阻止と坂柳から交際をちらつかされ唆されたことで、櫛田たちを利用して清隆を退学に追い込もうとした。

9
実 小説 よう 実 小説 よう

🙃 今回は龍園はやられました。 宝泉の暴力にも屈さない信念を持ち、鈴音ら2年Dクラスと協力関係を結んで互いのクラスのために立ち回り、特別試験を乗り切ろうとする。 ビールをその日に盗んだのではなく冷蔵庫に冷やしていたのを持ってきたとは知りませんでした。

15
実 小説 よう 実 小説 よう

👎 3学期に清隆に宣言した通りに、一之瀬潰しを実行に移す。 また、校則の範囲内で賄賂などに利用することが黙認されており、その通用する範囲は秘匿されている。 しかし、堀北はさらに先を読んでいました。

5