キャスト ひよっこ キャスト ひよっこ

☝ いつかこの店をパン屋にしたいと考えている。 幸子との結婚について煮えきらない態度を取る高島を叱責し、彼のプロポーズを見届けた後、迎えに来た母とともに東京を去る。

1
キャスト ひよっこ キャスト ひよっこ

👆 辛い単純労働が続く「向島電機」での日々ですが、みね子は寮の仲間たちと心を通わせていくことになります。

20
キャスト ひよっこ キャスト ひよっこ

💖 それを「ウケた!」と勘違いされ、「みね子様!」とあがめられるように・・・。 「夜逃げしたのでは?」と心配し、みね子も早苗(シシド・カフカ)も、自分たちの接し方がひどかったかなと反省する。

8
キャスト ひよっこ キャスト ひよっこ

👋 この店で働くようになったのには、ある理由が…。 昭和42年、澄子に引き取られ東京で一緒に暮らしていたが、東京での暮らしに馴染めず実家へ帰った事が明かされた。

5
キャスト ひよっこ キャスト ひよっこ

🙂 だから、今こういうドラマが必要なのかもしれないですね。 しかし、1年もせずにオリンピック後の不況で工場が倒産。 しかし、現役の村長はしぶとく、益子次郎(松尾諭)の当選は難しいのだという。

13
キャスト ひよっこ キャスト ひよっこ

🤭 綿引正義(竜星涼)と島谷純一郎(竹内涼真)は登場すらしないようです。 工員たちはやり場のない悔しさと不安な気持ちでいっぱいになる。 もう少し恋愛エピソードは深く掘り下げて欲しかった。

16
キャスト ひよっこ キャスト ひよっこ

😃 昭和42年時点で画家と事実婚の形で生活し、花屋でアルバイトをしている。 しかしこの会話が時子に立ち聞きされるとともに奮起され、「ツイッギーそっくりコンテスト」の書類審査合格の報告とコンテスト優勝を宣言される形で振られ、彼女の優勝が決定したことで失恋を受け入れる。 奥茨城と農業が好きなため、高校卒業後は家業に専念する予定だったが、失踪した父を探すことと困窮する家計を支えるため、(昭和40年)の春に東京の向島電機に就職、同社の「乙女寮」に入居する。

8
キャスト ひよっこ キャスト ひよっこ

📲 「ひよっこ2」撮影前にのダイエットプログラムで減量しており、また当時にはダイエットという感覚が無かったため、脚本の岡田惠和は「一番僕を苦しめました(笑)」と述懐している。

14