Ss 八幡 小町 Ss 八幡 小町

✍ そもそも部外者のその人達が遊び半分に割り込んで来たから試合をする羽目になったのだけど」 雪乃「葉山くんは知っているかしら?」 小雪「隼人おじさんのことね。 八幡「ちょっと待っててくれ」 小雪「?」 これがドッキリではないかどうか確認するために雪ノ下に電話をしてみた。 頼む」 雪ノ下「そう。

Ss 八幡 小町 Ss 八幡 小町

😛 …あれ、小町も部屋着持って来てなかったか?」 小町「持ってきてるけど、雪乃さんも結衣さんも浴衣だったし、小町も浴衣来たかったんだも~ん」 八幡「そういうもんか」 小町「そういうもんです」 雪乃「あら、先程更衣室で見かけたけれど、可愛らしかったと思うわよ」 小町「えへへ、ありがとうございます。 2 投稿数• 78 八幡「俺が小学5年生の時の夢でな、すっげー鮮明に再現されてる夢でさ、ほら、小町も知ってるだろ?俺の担任だった女の先生がな」 小町「お兄ちゃん」 八幡「え、おう?」 小町「夢を見てからさ、色々と思い出したりした?」 八幡「あ、あぁ、そうだな。 」ゴソゴソ 八幡「ほれ。

2
Ss 八幡 小町 Ss 八幡 小町

⌚ 25 ID:mpWw0cXV0 同時刻 ゆっこ「あつくね~?」 遥「気温記録更新したらしいねどっか忘れたけど・・・」 ゆっこ「へ~、相模どったん?」 相模「へっ?」 遥「最近変だよ相模~?」 相模「ウチは大丈夫だから」アセアセ 相模「ウチ、トイレ行ってくるね」ダッタッタ 遥「やっぱ変だね~」 ゆっこ「わかった。あれは、恋をしてるね!」 遥「それはない」キッパリ センセイウチトイレイッテイイデスカ? !」 小町 ただのプラスチックじゃん 小町「お兄ちゃん、ホントあれ好きだよね」 八幡「当たり前だ」 小町「あ~あ~。 この子雪ノ下じゃねえんだよ」 小町「いや、どっからどう見ても雪乃さんじゃん」 小雪「比企谷 小雪です。 きっと脳の押し入れのどこかに保存されてるって!」• 誰だ…? え、由比ヶ浜?」 小町「へ~、珍しい。

Ss 八幡 小町 Ss 八幡 小町

✋ よし、早く帰って炬燵に入ろう」 小町「も~…まだだよ、お兄ちゃん。

18
Ss 八幡 小町 Ss 八幡 小町

👉 クリームシチュー要素があまり無いけど…」 小雪「この後家に帰ってパパがご飯にクリームシチューをかけて食べたのを見たお母さんがドン引きして、それをきっかけに両親が大喧嘩したの…」 雪乃「長い前置きから酷いオチね。 50 ID:9ocA9hICO ~デート~ 小町「凄…。

4
Ss 八幡 小町 Ss 八幡 小町

❤️。 28 ID:XJNHLuXA0 さがみぐるーぷ! ゆっこ「最近あいつ調子乗りすぎじゃない?」ボソボソ 遥「わかる~三浦さん達も落ちぶれたね~」クスクス ゆっこ「相模に悪口吐きまくったんでしょ?最低でしょ」ボソボソ 遥「相模?」 相模「えっ? 27 ID:UW3TcX3F0 八幡「仕事終わるまで、待っててくれ」 由比ヶ浜「あ、うん……」 雪ノ下「分かったわ」 「なんだ八幡、浮気か」 八幡「違いますよ」 由比ヶ浜「なんか、仲良さそう……」 雪ノ下「あんな風に比企谷君が楽しそうに働いているなんてね……」 八幡「待たせたな。 631• ここは高校よ?」 陽乃「やだなー、もう放課後なんだし、総武高OBである私が来たって何の問題もないじゃん!」 雪乃「ハァ・・・それで、なんの用なのかしら?」 陽乃「実はね雪乃ちゃん!これこれ、これ飲んで!!」バッ デロデロン• 逆もまた然りね」 雪乃「とんだ才能の持ち腐れね。

19