層 4 式 編 共鳴 零 層 4 式 編 共鳴 零

👇 ディヴィを漏らすとPTDPSが落ちます。 隕石は2マス以上離しておかないと爆発してしまうので、必ずマクロで決めた位置に隕石を落としてください。 ぷろとです。

8
層 4 式 編 共鳴 零 層 4 式 編 共鳴 零

☘ メンバーのスキルが高いわけではないので苦労の連続です。

層 4 式 編 共鳴 零 層 4 式 編 共鳴 零

☯ 序盤から山場が沢山あって、その都度止まっては進みを繰り返してきました。 そうすることでD2の近接さんを自由に動かす作戦です。

層 4 式 編 共鳴 零 層 4 式 編 共鳴 零

👣 軽減・バリアを入れてくれるDPSとタンク陣に感謝しかなくなるフェーズです。 自分は色固定でも赤固定でもどちらでもOK、というか「たいして違わないんだから統一されて欲しい…」というのが率直な気持ちです。

層 4 式 編 共鳴 零 層 4 式 編 共鳴 零

💅 スキルが高いわけでもありませんが仲が良くあれやコレやと相談しつつ悩みながら駆け上がってきました。

16
層 4 式 編 共鳴 零 層 4 式 編 共鳴 零

🤫 FF14の事以外にも文章を書くための考え方や、感銘を受けた事などを執筆しています。

層 4 式 編 共鳴 零 層 4 式 編 共鳴 零

♻ その後に赤の鏡からも90度の扇範囲がきますので、外周から赤の鏡に近づく様に回避しましょう。 STは南。 軽減は不可能だがバリア効果は乗ります。

12
層 4 式 編 共鳴 零 層 4 式 編 共鳴 零

👎 被弾するより手を止めたほうがよっぽどマシなので、私はいまだにミラーリング視線攻撃の場所は安全第一でかなり早めに手を止めています。 ひとつは画像の2aのように全員が時計回りに回るというもの。 とにかく2つの緑の鏡から遠くなるように逃げ、その後赤の鏡から遠くなるように回避します。

9
層 4 式 編 共鳴 零 層 4 式 編 共鳴 零

👏 Logsのタイムラインは一覧性が悪いので、要所だけいつでも見返せるように文字起こしして使っていました。 図では北東のヒラと、南西の忍者が入れ替わることで対処しています。