通報 サイト 危険運転 通報 サイト 危険運転

🙄 煽り運転とは、後にピッタリ付いて来るだけではなく、車の前に回って運転を遮ったり、横に付いて幅を寄せて来たりと、いじめているようにしか思えない運転をする事です。

通報 サイト 危険運転 通報 サイト 危険運転

👉 なかには、岡山県警をはじめとして地元の警察が情報提供のサイトを開設する例もあります。 迷惑極まる」などと書き込まれており、トラブル時の画像や動画も投稿されている。

通報 サイト 危険運転 通報 サイト 危険運転

😁 また、カメラを設置しているように見せかけるだけでも、煽り運転を避けられる可能性が高くなります。 運転態様 違反の種別 違反点数など(普通車) 前方の自動車に激しく接近し、もっと速く走るよう挑発する 車間距離保持義務違反(道路交通法26条) 一般道:1点 反則金6,000円 5万円以下の罰金(道路交通法120条1項2号) 高速自動車国道等:2点 反則金9,000円 3ヵ月以下の懲役又は5万円以下の罰金(道路交通法119条1項1号の4) 危険防止を理由としない、不必要な急ブレーキをかける 急ブレーキ禁止違反(同24条) 2点 反則金7,000円 3ヵ月以下の懲役又は5万円以下の罰金(道路交通法119条1項1号の3) 後方から進行してくる車両等が急ブレーキや急ハンドルで避けなければならないような進路変更を行う 進路変更禁止違反(同26条の2第2項) 1点 反則金6,000円 5万円以下の罰金(道路交通法120条1項2号) 左側から追い越す 追越しの方法違反(同28条) 2点 反則金9,000円 3ヵ月以下の懲役又は5万円以下の罰金(道路交通法119条1項2号の2) 夜間、他の車両の交通を妨げる目的でハイビームを継続する 減光等義務違反(同52条第2項) 1点 反則金6,000円 5万円以下の罰金(道路交通法120条1項8号) 執拗にクラクションを鳴らす 警音器使用制限違反(同54条第2項) なし 反則金3,000円 2万円以下の罰金又は科料(道路交通法121条1項6号) 車体をきわめて接近させる幅寄せを行う 安全運転義務違反(同70条) 2点 反則金9,000円 3ヵ月以下の懲役又は5万円以下の罰金(道路交通法119条1項9号、同条2項) 初心運転者等保護義務違反(71条第5号の4) 1点 反則金6,000円 5万円以下の罰金(道路交通法120条1項9号) 出典:警視庁「」「」、 ささいな通行トラブルをきっかけに相手の車から幅寄せされたり、執拗に追い回されたりなどの悪質なあおり運転にあった場合は、駐車場など交通事故にあわない場所に避難しましょう。

17
通報 サイト 危険運転 通報 サイト 危険運転

🤑 煽り運転をする理由や心理について詳しくみてまいりたいと思います。 たかがそんなことで腹を立てる私も悪いのですが、そんな奴に前に出られるのが嫌だったので、 私は加速して前との車間を詰め、後続車を入れませんでした。

10
通報 サイト 危険運転 通報 サイト 危険運転

🌏 なお、危険運転とは言わないけど「これってどうなの?」というちょっと行儀の悪い運転について、違法性を解説する記事を不定期で追加しています。 その後、後続車が途中で左折していったので、多分急いでいたのではないかと思いますが・・・。 少し混雑した道だったため、まずはそのまま走って安全な場所まで移動しました。

6
通報 サイト 危険運転 通報 サイト 危険運転

⚠ 車に直接貼り付けるステッカーだけでなく、マグネットで取り外し可能なものから吸盤型で車内に貼り付けるものもありますよ。 今後は、このようなあおり運転の情報提供を受け付ける県警の体制が普及していく可能性もありますので、うまく活用していきましょう。

9
通報 サイト 危険運転 通報 サイト 危険運転

🙂 遭遇された方も結構いらっしゃるかと思いますが、車間距離を詰められたり幅寄せされたり、ハイビームでパッシングされたり無理に割り込んでこられたりと、煽り運電は危ない行為です。

11
通報 サイト 危険運転 通報 サイト 危険運転

⚔ もしあなたが被害にあった/危険な車を目撃した際は、躊躇わずに通報してください。 シラを切られれば、その場ではオシマイですが、ちゃんと「記録」には残りますので、何か事故などを起こした時の対応も変わってくると思います。 「同サイトは、直ちに罪に問われる可能性は低いです。

通報 サイト 危険運転 通報 サイト 危険運転

😒 相手が車を降車し、文句を言いに来ることもあるので、ドアはしっかりロック• 煽り運転をする方はもちろんですが、される側も対策を講じたり自分本位の運転をしないようにしたり、みんなが運転しやすいようにしなければなりませんね。 まさにいまそんな状況に陥っています。 こうしたサイトがあおり運転の抑止力として有効かどうかは賛否両論あり、利用するかどうかは個人の判断にゆだねられています。

7