方言 なおす 方言 なおす

✇ 進行相は「おる」、結果相は「ておる」の変化したものである。 終止形・連体形は、北海道・本州・四国・・で「たかい(高)」のようなイ語尾を用いる。

4
方言 なおす 方言 なおす

☢ 長野県・山梨県・静岡県・愛知県三河に意志・推量を表す「未然形+ず・す」があり、「行かず」「行かす」のほか、「行かっと思う」「行かっか」のように言う。 一方、新潟県・群馬県・埼玉県と愛知県、中国地方・・・九州地方のそれぞれ大部分には鼻濁音が元々なく、語中・語尾においても破裂音または摩擦音である。

6
方言 なおす 方言 なおす

🐾 柴田武 1988 『方言論』東京:平凡社pp296-320• 「なっちょ」という方言は長野県全域ではなく、主に北部 北信濃 で使用されている方言のようです。 方言の形成史においては、日本語の祖語が複数の方言に分岐するだけでなく、逆に政治的・経済的中心地からの伝播による収束作用も起き、両者が複雑に絡んでいる。

6
方言 なおす 方言 なおす

⚒ 東日本の方は簡単にわかると思います。

18
方言 なおす 方言 なおす

🖖 いっちょん 福岡県・長崎県など 主に福岡県や長崎県で使用されることが多い方言です。 この言葉は否定的表現ですが、言葉の響きは非常に面白いため、友人・知人・家族が失敗やミスをしたときには愛情を込めて「ごじゃっぺ!」と叱ってみてはいかがでしょうか。 (部を中心とするの広い地域)• なげる 北海道・東北 こちらも北海道や仙台などの東北地方の方言です。

2
方言 なおす 方言 なおす

😒 八丈島の過去表現は独特で、「書から」「買わら」「出したら」「起きたら」「有らら」などと言う。 「片づける」の事を 「片す」と言うのは実は 東京・関東地方だけなのです。

5
方言 なおす 方言 なおす

✍ 全国的にみるとその意味をすぐに理解するのは困難ですが、北海道などの一部地域では日常的に使用されている方言だそうです。 「いける」は関西のほうでよく聞きますね。

7
方言 なおす 方言 なおす

🖕 『講座方言学 8 中国・四国地方の方言』100頁。 『講座方言学 6 中部地方の方言』22頁。 打ち消し推量には、「未然形+ないだろー・んやろ」などのほかに、東日本では広く「未然形+なかんべ(ー)・なかっぺ(ー)」があったが、昭和後期には広く「未然形+ないべ(ー)・ねーべ(ー)」、一部で「未然形+ねーっぺ(ー)」が使われるようになった。

3
方言 なおす 方言 なおす

🌭 「終止形+ずら・ら」を長野県・山梨県・静岡県・愛知県三河で 、「終止形+ろ(ー)」を新潟県越後中部・島根県石見・・高知県で 、「終止形+ど」を薩隅で用いる。 このうち東京などでは、特殊拍の直後にアクセントの下がり目が来ないが、近畿中央部などでは特殊拍の直後にもアクセントの下がり目が来ることができる。 多少は集まったよ コショーのメーカーではない。