ゆる の 肖像 女 も ゆる の 肖像 女 も

⚡ なぜ、当時の女性たちは相手の顔も知らないのに自分だけ肖像画を差し出さなければいけなかったのか? まだ情熱を心に燻らせながら、振り返ってよって、何度も願いながら。 ある晩、望まぬ妊娠をしたソフィーが堕胎してもらうのにつきそう事になり、マリアンヌたちは島の中心へやってきます。

7
ゆる の 肖像 女 も ゆる の 肖像 女 も

🔥 どのシーンを切り取っても格調高い絵画のようです。 身分を隠して近づき、孤島の屋敷で密かに肖像画を完成させたマリアンヌは、真実を知ったエロイーズから絵の出来栄えを否定される。 そこには作家の意匠や主張や創作の飛躍がない。

6
ゆる の 肖像 女 も ゆる の 肖像 女 も

👣 「振り向いて!」と叫ばれ思わず振り向いたマリアンヌ。

14
ゆる の 肖像 女 も ゆる の 肖像 女 も

☣ 一見すると男たちは「マリアンヌのために舟を漕いでいる」と捉えることもできますが、彼女の大事な荷物……肖像画の制作のため持ってきた真っ白なキャンバスが誤って海上に落ちてしまったにも関わらず、それを回収しようと誰も海に飛び込もうとしない様子から、その解釈は見当違いであると判断できます。

17
ゆる の 肖像 女 も ゆる の 肖像 女 も

🐾 そう、この作品も、中盤ごろまで「ん?どういうこと?」と、内容を反芻し、自身の解釈を交え噛み砕いてこそ、広く深い世界が見えてくるのだ。 女性の人権や自由が男性より低く見られていた18世紀末のフランス。 2019年12月16日時点のよりアーカイブ。

6
ゆる の 肖像 女 も ゆる の 肖像 女 も

💔 彼女自身について多くは語られないが、母親が不在の3日間、協力しあって暮らす3人の姿も、またこの映画の見どころのひとつであり、当時の女性が置かれていた状況を示唆するものであると思う。 娘の変化に驚いた伯爵夫人は、「出かけて5日後に戻るから、それまでに完成させるように。 暖をとるだけでなく、それらの周囲を囲み言葉を交わすことで集団でのコミュニケーションを行う時間を生んだ暖炉と焚き火。

1
ゆる の 肖像 女 も ゆる の 肖像 女 も

🤟 あくまで女性を淡々と描いている。 エロイーズの目からオーケストラを聴きながら涙が溢れ、そして最後には笑顔になるラストの長回しは圧巻だった。 焚き火などの「火」はその会合の実施に不可欠な照明であり、映画『燃ゆる女の肖像』で描かれている「夜火」が存在する空間とは、有史の時代に入り男性優位社会が次第に成立していった以降も連綿と続いてきた、女性たちの仕事とコミュニティの光景そのものでもあるのです。

ゆる の 肖像 女 も ゆる の 肖像 女 も

☮ 約束の5日後、肖像画はあと一筆で完成となるが、それは別れを意味していた…。 女たちはギリシャ神話の竪琴の詩人、オルフェが死んだ妻を連れ戻すのに決して後ろを振り向いてはいけないと言われながら振り向いたことについて議論を交わします。 例えば、マリアンヌがエロイーズに対してヴィヴァルディのヴァイオリン協奏曲集『和声と創意の試み』の「夏」(通称:「四季」より「夏」)を演奏してみせた場面。

17