旅 岸辺 の 旅 岸辺 の

🔥 それでいての叙情だから、良作なのだ。 この二つの映画と、どこかが重なるのです。 ある日、優介は「実は島影さんも『俺と同じ』なんだ」と言った。

8
旅 岸辺 の 旅 岸辺 の

♨ 部屋に向かう廊下の雰囲気や、鍵穴に鍵を差し込む映像なども見事でした。 それはたまたま人が亡くなったときに感じることですが、実は私たちの生きている世界はもともとそんなにしっかりしたものではない、足元が揺らぐ、不安定なものではないかという思いが徐々に大きくなっていったということがあります。 うまく説明できないけど、魂を鷲掴みにされたような気がする。

13
旅 岸辺 の 旅 岸辺 の

😆 しかし、ここまで不穏なのに幸せな感動に浸れるのは、もう清でしかありえないのではないか。 日本人であれば、死者の世界とのつながり方については、幾重にも共有された前提があり、自由自在にあの世とこの世を往還してもすぐにそれと分からせる手法がいくらでもあります。 いかなる手段を使っても瑞希から優介を奪い取る意思を持った朋子の方が瑞希より1枚も2枚も上手(ウワテ)だ。

3
旅 岸辺 の 旅 岸辺 の

🖕 原作ではどうなっているか。 富山の海で。 その中でも、一応「ストーリーの大筋」として拾い上げられるものを今回は「ネタバレ」として結末までお伝えしました。

7
旅 岸辺 の 旅 岸辺 の

☏ 瑞希は驚かない。

4
旅 岸辺 の 旅 岸辺 の

😅 少し寂しげな色彩と風景で作られていますが、何だかそれがとても心地良かったです。

2
旅 岸辺 の 旅 岸辺 の

👇 …それにしても優介は生前に比べてよく食べるようになった。

11
旅 岸辺 の 旅 岸辺 の

⚐ ただし、島影さんにはその自覚がない。 このとき、瑞希には2つの選択肢があるだろうし、それを迷っているはずだと私は思っていた。 そういうふうに、はっきり決めずに書いていって、意外性があったほうが最終的によく書けたと思うことが多いかもしれません。

20
旅 岸辺 の 旅 岸辺 の

☢ 「俺と同じなのは薫さんじゃなくて、亭主の方。 旅は4つに分割できると思うが、「自分の死に気づかない人」と生者のそれぞれの在り方を見届けることで、自分たち夫婦の在り方も決着をつけようと決意する。

8