ジョーダン nike エア ジョーダン nike エア

💓 phat、Low、SBなどの亜種を除いたオリジナルの中では最もカラーバリエーションが多い。

2
ジョーダン nike エア ジョーダン nike エア

🙌 オリジナルにはなかったカラーリングや、ディテールの変更があったモデルは「レトロプラス」と呼ばれていた。 オリジナルはAJ2に次いでカラーバリエーションが少なく、3色のみの展開だった。

17
ジョーダン nike エア ジョーダン nike エア

✊ 現在の若者達は少年ジャンプに連載された「」 の影響が強いが、それまでの日本のバスケット人気はジョーダンによる影響が大きく、現役を退いた30歳代や40歳代のバスケ経験者達は今でもジョーダンへのこだわりを強く持っている。 デザインはジョーダンの愛車でもある、ランボルギーニのムルシエラゴをモチーフにしており、スタイリッシュで高級感の漂う外見は、機能性、デザイン性ともに優れたモデルとなっています。

11
ジョーダン nike エア ジョーダン nike エア

♥ 黒ベースのAJ11が届くまで、ジョーダンは対戦相手だったオーランド・マジックののシグニチャーモデルである、「エア・フライトワン」を着用し話題となった。

17
ジョーダン nike エア ジョーダン nike エア

🔥 前年に発売されたランニングシューズ「エア・ハラチ」からフィードバックされた、伸縮素材によるインナーブーツシステム「ダイナミックフィット」を採用。 1998年にはローカットが発売され、ジョーダンもプレイオフ中に着用する場面も見られたが、その際に着用したカラーは2011年現在においても発売されていない。

20
ジョーダン nike エア ジョーダン nike エア

🤪 画期的なデザインや機能性、レッドをアクセントとした配色が特徴的なモデルです。 また、それまで本人着用モデルなど、ごく一部に限られていた背番号「23」のナンバリングが全てのカラーでヒールにつけられ(後述のオリンピックモデルのみアメリカ代表の「9」)、それに伴いアッパー表面から、「NIKE」のロゴが完全に姿を消し、インソールにプリントされるのみとなった。

1
ジョーダン nike エア ジョーダン nike エア

😘 ジョーダンの引退から数年経った今でもジャンプマンの付加価値は高く、多くの海外限定アイテムが価格で日本へ入ってきている。 このモデルよりジョーダンの母校ののチームカラーである、水色をあしらったモデルが発売され、シカゴ・ブルズカラーの赤や黒とともに、シリーズの定番カラーとなる。 :黒紫。

19
ジョーダン nike エア ジョーダン nike エア

✍ 関連項目 [ ]• エア・ジョーダン12 [ ] 秋発売。 以降 、現行モデルと並行して以前のモデルをランダムに復刻して発売しており 、オリジナル発売当時にはなかった配色や素材のバリエーションを増やしている。

18