キャシュカイ 日産 キャシュカイ 日産

⚠ 洗練されたエクステリアデザイン 新型「キャシュカイ」は、歴代のデザインを引継ぎながら、引き締まったシャープでモダンなデザインが採用された。

キャシュカイ 日産 キャシュカイ 日産

😛 2007年 日本で販売開始。 その後、欧州のキャシュカイはメーカーの期待に応えて主力車種に成長するいっぽう、日本のデュアリスはモデルチェンジせず1世代限りで市場から撤退した。

16
キャシュカイ 日産 キャシュカイ 日産

👆 エントリーレベルの140psバージョンは6速MTギアボックスを備える2WDのみ提供されますが、より強力な158psバージョンでは、オプションで全輪駆動と新世代「XtronicCVT」トランスミッションが用意されます。 新型キャシュカイには、さまざまな状況においてドライバーをサポートする安全運転支援機能を搭載。 プレミアムでありながらも実用的であり、多くのお客さまにお選びいただけることでしょう。

13
キャシュカイ 日産 キャシュカイ 日産

♨ それゆえ、新型キャシュカイのフロントグリルのデザインはのようなメッキタイプではなく、 新型SUVのようなV字部分が発光するタイプのデザインが採用されると予想します。 尚、日本市場においてはエクストレイルに吸収統合されたため、同市場での販売は行われない。 およそ10年で世界330万台を、うち欧州だけでも230万台を販売するまでに至っている。

10
キャシュカイ 日産 キャシュカイ 日産

⚐ また、マルチインフォメーションスクリーンの背景には、日本の切り子ガラスをモチーフにしたデザインを採用し、日本のDNAを表現しています。 日産は20年12月に日本で発売した新型「ノート」から第2世代のe-POWERの採用を始めている。 欧州日産の商品企画担当副社長 マルコ・フィオラバンティ氏は、新型キャシュカイを開発するにあたって「出発点となったのは、キャシュカイの顧客について深く分析したことでした。

19
キャシュカイ 日産 キャシュカイ 日産

✇ 8インチのヘッドアップディスプレイ(HUD)は、ナビゲーションルート、運転支援情報や道路情報などをフロントガラスに映し出すことで、ドライバーが運転に集中できるよう工夫されている。

キャシュカイ 日産 キャシュカイ 日産

👋 ちなみに、 日産は日本市場で2023年度末までにe-Powerモデル4車種を追加すると発表しています。 しかし欧州でキャシュカイは、日産の稼ぎ頭となる重要な1台だった。

8