の 幕末 絵日記 武士 下級 の 幕末 絵日記 武士 下級

😗 下級武士の日記史料ならば、元禄期名古屋藩の「鸚鵡籠中記」があるが、これはこれでなかり面白い。 昼食後は和尚とともに昼寝である。 和雑誌• しかし、勤めといっても何せ登城するのも週に一日か二日程度、登城してもさほどの仕事もないという、やたらと暇だっただけに、その暇な時間を、趣味や学問、詩歌などにも多く割き精神的には随分と優雅だったようだ。

17
の 幕末 絵日記 武士 下級 の 幕末 絵日記 武士 下級

🤩 石城は武士仲間の他、町人ともよく酒を酌み交わす。 石城は独り身で、同じく下級武士の妹夫婦の家に同居していました。

8
の 幕末 絵日記 武士 下級 の 幕末 絵日記 武士 下級

⚑ 勿論、金銭的な余裕は欠けるが身分によらず楽しく酒を飲み、協力して毎日を過ごす。 忍藩(埼玉県行田市)の尾崎隼之介(字は石城)十人扶持。 そしてその集まりは家族ぐるみで、奥さん、子ども、ご隠居、さらには犬猫までが家族そろって参加していました。

の 幕末 絵日記 武士 下級 の 幕末 絵日記 武士 下級

⌛ そうした人望もあるのか、石城(尾崎家)がさらなる処分を受けても変わらないつきあい(12月)。

の 幕末 絵日記 武士 下級 の 幕末 絵日記 武士 下級

⚔ 奈良平安の上級の住まいはどれも南入りで南向きで、これは南方位を重視する中国の住まいづくりの影響。 もっとも、日記を書かなくなって以後もまた処分、石城が藩から評価さえるのは明治になってから。

11
の 幕末 絵日記 武士 下級 の 幕末 絵日記 武士 下級

😚 とは言え四六時中酔っ払っているわけではなく、難しい書物を読んだりもしていて、決して自堕落な生活というわけではなかったようである。

の 幕末 絵日記 武士 下級 の 幕末 絵日記 武士 下級

♨ 戻るときはブラウザの戻るボタンをお使いください。 を好んで食し、6月20日の記録では、朝食・午飯・夕食の三食とも茶漬けと記されている。 当時のの様子が描かれている。

の 幕末 絵日記 武士 下級 の 幕末 絵日記 武士 下級

🌏 日記は時系列になっていなくて交友関係や住まい、食事、世相などを解説する中に史料的に扱われているにすぎない。

の 幕末 絵日記 武士 下級 の 幕末 絵日記 武士 下級

👈 娯楽の少ない時代はこうだったんだろうなあ〜。 そこには犬も猫も赤ん坊も女性達も商人も左官もいて、おおらかに人生を楽しんでいる。 日々読書をして学び、高くて買えない本は借りてきてせっせと書き写し、絵を描き、和尚に寺の留守番を頼まれた時も彼は本を数冊持ち込んで読書をしています。