電鉄 叡山 電鉄 叡山

☭ 2007年秋からラインカラーにちなんだを一部の駅に設置している。 正面下部には叡山電鉄で初めてが取り付けられ、スカートと車体の間に光源のが取り付けられた。 乗車駅証明書には乗車駅を示すパターンが印刷されており、下車駅では自動的に運賃額を運賃箱に表示させることができる。

電鉄 叡山 電鉄 叡山

☯ (昭和24年)12月 元田中 - 山端間で、京都市電からの乗り入れ運転を開始。 側面は客用扉が客室両端に寄った片開き2扉となり、客用扉のさらに車端側に引戸の乗務員扉が設置された。 (昭和45年)の修学院付近、の修学院 - 宝ケ池付近が開通。

20
電鉄 叡山 電鉄 叡山

☮ 出町柳 - 八瀬比叡山口間全線が運転再開。 チケットに付属されている「ご利用エリアマップ」には各言語で「出町柳駅以外の駅では呈示でご利用できます。 (昭和33年) 宝ケ池 - 岩倉間が再複線化。

電鉄 叡山 電鉄 叡山

😔 (平成16年) 原則として全列車ワンマン運転となる。

5
電鉄 叡山 電鉄 叡山

❤️ 9キロメートル乗車しても1区で済むが、からまで乗車した場合は、1. デナ21 - 24号のブレーキ装置を改良して鞍馬までの車両を補い不燃化対策でデナ1形をデナ500形で置き換えた。

9
電鉄 叡山 電鉄 叡山

😈 5キロの乗車で2区となる。

3
電鉄 叡山 電鉄 叡山

☯ 11 修学院車庫 デオ600形 デナ500形の機器を流用して車体を新製したもの。 は窓の上下に1つずつ式のものが、は窓の下に楕円のリングに沿ってLED式のものが配置された。 パンタグラフは下枠交差式に、空気圧縮機は「ひえい」と同じHS5に交換されている。

20